「第67回全国植樹祭」を開催しました

 

  

                    gallery

 

 

  の様子をご紹介いたします。  

 県民参加の取組の様子

     苗木のスクールステイ
     苗木のホームステイ
     飾花の栽培
     飾花プランターの製作

 植樹会場の様子

 平成28年5月21日(土)から6月5日(日)に掛けて、県下10地区で行われた植樹の様子をご覧いただけます。

               

 ● 式典の様子 

  平成28年6月5日(日)長野市オリンピック記念アリーナ エムウェーブで開催された式典の様子をご覧いただけます。

コンセプト 信州が育んだ「木と森の文化」の発信
      ○ プロローグ  「ようこそ信州へ」
      ○ 記念式典 4
      ○ エピローグ  「美しい ふるさとを 次世代へ」

  おもてなし広場の様子

     ステージ      出 展

 ● 大会プログラム

    

● 大会弁当 

-信州長寿物語- 食寿彩(しょくじゅさい)
コンセプト
①信州の食の魅力をご紹介します!
 -長野県の特色を活かした県産材料の使用-
②信州の山の恵みを味わってみませんか?
 -信州ジビエ・きのこの活用
③健康長寿はまず食から!
 -信州の健康長寿食の継承

● 木のこだわり

会場内には、長野県産材でつくられた
木製品を使用しました。

      


● 県民参加の取組の様子

苗木のスクールステイ
学校で生徒の皆様に育てていただいた苗木が植樹会場に植えられました。

■東信   ■南信   ■中信   ■北信   

苗木のホームステイ
個人や企業・団体の皆様に育てていただいた苗木が植樹会場や地域に植えられました。

飾花の栽培

県内の高校生が歓迎の意を込めて大切に育てた花が会場を飾りました。

  

  栽培した高等学校
                   
  下高井農林高等学校
  ●須坂園芸・須坂創成高等学校
  ●更級農業高等学校
  ●丸子修学館高等学校
  ●佐久平総合技術高等学校
  ●富士見高等学校
  ●上伊那農業高等学校
  ●下伊那農業高等学校
  ●塩尻志学館高等学校
  ●南安曇農業高等学校
 

飾花用「木製プランターカバー」の製作

 みどりの少年団や学校の皆様が、植樹会場や式典会場を彩る飾花用「木製プランターカバー」を製作しました。

 

 


おもてなし広場の様子

 ■ステージ

  おもてなし広場のステージはフリーアナウンサーの沢井美和さんと「2016年度ミス日本 みどりの女神」飯塚帆南(ほなみ)さんが進行しました。

   午前の部は「絆に感謝」、午後の部は「信州が育んだ木と森の響き」をテーマに太鼓やホルンなどの演奏が行われ、ステージには松本蟻ケ崎高等学校書道部による「絆に繋ぐ」と「響を奏でる」の書が掲げられました。

 

 -絆に感謝 

kizuna 栄村の地震(長野県北部地震)、南木曽町の土石流、御嶽山の噴火、神城断層地震などで被災した折に全国からいただいた多くの支援に感謝し、被災地区の代表団体が感謝の演奏を行いました。

 -信州が育んだ「木と森の響き」-

    IMG_6597 「木製の楽器」を奏でる、本県発祥の長野コカリナ合奏団と(公社)才能教育研究会スズキ・メソードが演奏を行いました。

 榮太鼓・栄ふるさと太鼓

 DSC_0043

DSC_0065

 

 長野コカリナ合奏団

 

 大桑アルプホルンクラブ

 

  大桑村ヒノキ三味線クラブ「檜弦(ひづる)

 (公社)才能教育研究会スズキ・メソード

 

  

 日本アルプス白馬八方太鼓保存会

  

 

 

 ■出展  おもてなし広場内を「ひと」「ゆめ」「みどり」のエリアに区分したブースを設置し、参加者に長野県の魅力をお伝えしました。

     

  出展者一覧はこちらをご覧ください。

ひと」エリア
長野県や県内市町村の魅力発信を行うエリア

 IMG_9059

IMG_9068
IMG_9055

ゆめ」エリア
しあわせ信州の取組・信州ブランドの魅力発信を行うエリア

 

 IMG_6534

みどり」エリア
森林・林業に関する取組の情報発信を行うエリア

 004           

 

 

 gallery


● 大会弁当

   大会弁当  【信州長寿物語 食寿彩(しょくじゅさい)

    日本一の長寿県「長野」の魅力を十分に伝えられるよう、長野県産の食材を沢山使い、長野県の健康長寿を支え
 てきた食文化や、県下各地の特色を活かしたオリジナル弁当を製作しました。

    弁当の具体的なメニューは、県内で栄養学を専攻する大学生・短大生が検討しました。
    検討の様子はこちらをご覧ください。

  ① 凍み豆腐のから揚げ きのこあんかけ
        長野県の特産品凍み豆腐ときのこを使用しま
     した。

  ② きのこのキッシュ
        平成27年度きのこ料理コンクールで入賞した
      「きのこのキッシュ風ドリア」をアレンジしま
     した。

      りんごのコンポート 
       長野県産りんご「ふじ」を使用してコンポート
    に仕上げました。

  ③ 風さやか
        風さやかは長野県が開発し、平成25年に品種
     登録された新しいお米です。冷めてももっちり
     としていて香りもしっかりと残るのが特徴です。

      きゃらぶき
       長野県産のふきを使用しました。

  ④ 鹿肉の竜田揚げ
        長野県内で捕獲されたニホンジカのロース肉を使用しました。長野県では鳥獣被害対策の一環として、
     信州ジビエの普及に取り組んでいます。

  ⑤ なすのおやき
        長野県の粉食文化を象徴する、代表的な郷土食です。地域や家庭により、焼く、蒸かすなどの調理法が
     あり、具材は野沢菜、切干大根、かぼちゃ、あんこなど様々なバリエーションがあります。

  ⑥ 塩丸いかのマリネ 
        塩丸いかは冷蔵庫が無かった時代から、海の無い長野県では貴重な海産物として各地で食べられてきた
     保存食です。

  ⑦ 五平餅(御幣餅) くるみみそ 
        米粒が残る程度に潰したものをタレをつけて焼き上げたもので、県内では古くから食べられてきた郷土食
     です。楕円形、わらじ型、団子型など様々な形があります。

  ⑧ アスパラガスのえごま和え 
        長野県産グリーンアスパラガスを使用しました。

  ⑨ 信州サーモン 山葵風味の野沢菜ソース 
        信州サーモンは長野県が10年かけ開発したブラウントラウトとニジマスの交配種です。