想定する場合があった長野の割り切り

2020年1月13日 0 投稿者: admin

緊急だが直前

それは船に残り、他の船員を避難させます。 ”
私はあなたが思うと思います。
もちろん、それは驚くことではありませんが、
私は船長になりたい、または船長になりたいと思っています。
ただし、これを行う
おそらくキャプテンはほとんどいないでしょう。

真の緊急事態の場合
誰もが考えるべきです。
さらに、この転覆はおそらく長野の割り切り
素晴らしい横波を食べる、それだけです
転覆する前に数秒を数えることができます
わがままだったと思います。

長野の割り切り一方、この船長はおそらく私自身です
他の船員が救命いかだに乗って橋の上に残った
私はそれをつけようとしたと思います。
(ただの推測)
彼はまだ若かった(船員の観点から)
亡くなって本当にすみません。長野の割り切り
家族が後悔するか後悔するか
後悔することはできません。
さて、船員とその家族は言います
常に最悪のリスクを想定していますが、
そのような場面に直面したとき、落ち着いてください
私はそこにいられない。

これがいつ、いつ起こるかわかりません
今、たくさん笑います。涙ながらに。悲しい。
怒った。幸せな人生を送ってください。
魚は価格でのみ利用可能です
取りませんので、気をつけましょう。長野の割り切り

まだ見つかっていない船員。長野の割り切り
見つけられることを心から願っています。